赤司知行
さん
(高校教諭・教務課)
 こんにちは、14年ぶりに大和キャンパスに戻って参りました。よろしくお願いいたします。
 家族は奥さん一人と娘が一人の三人家族です。今回、訳あって家族ばらばらでの生活になりました。激動の3月を過ごし、それぞれの場所で新しい春を迎えています。
 引っ越しも終わって、ひとりで寂しく学期始めの準備をしていると、あちらこちらから声をかけてくださるなど、気にかけてくださる方がたくさんおられました。とても励まされました。やはり、三育のコミュニティーだなと改めて感じております。
 今回は「私の長所」というお題を頂戴しています。自分の長所ってあまり思いつきませんが、わりとのん気なところでしょうか。「のんびり、穏やかに」を心がけています。家内の長所は「全力で周りをサポートすること」でしょうか。結婚以来ずっと支えられています。これは秘密ですが、今朝も生存確認のモーニングコールがかかってきました。神様の祝福の中で、皆さまと一緒に教会生活を送ることができますことを感謝しています。

天本愛海
さん
(スミルナ寮舎監)
 今年度から、広島三育学院高等学校で働くことになりました天本愛海と申します。再びこのような形で自然豊かなキャンパスに戻って来れたことを嬉しく思います。
 高校を卒業してから、タイとカナダでの学びを終え、昨年の4月に日本に帰国しました。その中で気づいた自分自身の長所は、「どんな環境に置かれても幸せを見つけ出すことのできる所」だと思います。
 私自身、何かを特化してできるという特別なものはありませんが、この長所をこれから始まる生活に活かしていけたらと思っております。
 よろしくお願いいたします。

石田奈々
さん
(中学校教諭・オリブ寮舎監)
 皆さま初めまして、4月より中学校の教員としてお世話になります、石田奈々と申します。教会では多くの方々に温かく迎えていただきました。ありがとうございます。これからどうぞよろしくお願いいたします。
 私の長所は、「楽観的なところ」だと思います。もちろん悩むこともありますが、家族や友人に話を聞いてもらったり、シャワーを浴びたり、一晩寝たりすれば、不思議と悩みがどうでもよくなり「どうにかなるだろう」と思えるようになっています。気掛かりなことはとりあえず忘れて、今目の前にあるタスクをこなしていくのが、私流の対処法です。
 何より神様が共にいてくださる、この安心感が私の背中をさらに押してくれます。人生初の一人暮らしを始めた私には不安や寂しさもありましたが、神様と一対一で過ごす時間が増えたので、とても平穏な気持ちで日々過ごしています。これからも、私の長所を神様に伸ばしていただきながら歩んでまいりたいと思います。

池宮城義一・ゆかり
夫妻
(広島三育学院教会牧師)
 広島三育学院教会の皆様、前回は大変お世話になりました。皆様の温かさ、優しさに触れこれまでも励まされておりました。2年ぶりに皆様と共に神様を褒め讃えることができ心より感謝申し上げます。私の長所は、長所と言えるのかわかりませんが、「神様に祈ること」でしょうか。心配なこと不安なこと無理に思えることがあると知恵と力のある神様に信頼して委ねるようにしています。至らない者ですがこれからもよろしくお願いいたします。(義一)
 広島三育学院教会の皆様に、温かく励ましに満ちたお見送りをしていただいてから、わずか2年で再びこの地へ来させていただきました。神様のお導きを心より感謝しております。以前同様、色々と足りないことばかりの者ですがどうぞ宜しくお願い致します。私の長所という言葉に考え込んでしまいますが、「出合う方々の存在の大切さに目を向けたいと心がけていること」なのかなと思います。
 皆様との主にあるお交わりが、更に深められますように願い、お祈りしております。(ゆかり)

島尻慧・成子
夫妻
(小学校教頭)
 はじめまして。北中三育教会からこの4月よりこちらの教会に転入することになりました。わたしの長所ということですが、自分ではなかなか書きにくいことなので、お互いの長所を探してみました。
 わたしから見た妻は、「明るい性格で、表現力豊か」です。「何でも一生懸命に取り組む」ことができます。仕事や様々なことに対して「些細なことでも、よく気が付き」ます。「リアクションが豊か」なので、同じことを3回ぐらいは話します。ですから、「自分の意見や思いが相手に対してよく伝わる」と思います。また長年、介護の仕事をしていたので、「人に触れたり体を動かす仕事が好き」なようです。「神さまとの関係を第一に考え、自分の弱さとしっかり向き合えている」ことはすばらしいと思います。
 次に私から見た夫について紹介します。「前向きに物事を考える」ので、慎重派の私の背中を何度も押してもらえました。「ポジティブ思考」です。それから、男女関係なく「誰とでも交わる」ことができます。相手が安心して話せる「聞き上手な面」があります。娘とも気が合って仲良しです。フルマラソンを何度も完走するほど、「我慢強く忍耐力があり」ます。「柔和で愚痴をこぼすことなく、よく笑い」ます。「好き嫌いがなく、何でも食べてくれる」ので助かります。
 こんな私たちですが、皆さんと良き交わりが持てるように願っております。どうぞよろしくお願いいたします。

亀山友樹
さん
(飛翔学寮舎監)
 この度、三育学院カレッジ神学科を経てここ広島三育学院中学校の寮の方で働くことになりました。亀山友樹です。
 「あなたの慈しみにより頼みます。わたしの心は御救いに喜び踊り、主に向かって歌います。『主はわたしに報いてくださった。』」詩編13:6
 私は、これまでの歩みの中で、主に救われて、生かされて用いられてきました。主は、私が主に頼るときにいつも最善の時に最善の方法で私を救い出してくださいます。主は、私の心が暗い中にある時に、私の内に主へ頼ることを教えてくださいます。
 詩編23編には、主の恵みと慈しみがいつもわたしを追ってくると書いてあります。私の歩みは、いつも主の恵みによって歩かせていただいております。
 主に頼るときに、私の心は希望にあふれ、賛美を歌うことができます。そのようにこの2021年、その主に頼りつつ、前進していきたいと思っています。
 広島三育学院において、主にある交わりをできたらと思っています。今後ともよろしくお願いします。

林 正剛
さん
(中学校教諭)
 沖縄より赴任してきました林正剛です。沖縄では10年間奉仕させていただき、今年から広島三育学院で奉仕する機会が与えられたことを神様に感謝しています。沖縄を離れて、まだ少ししか時間が経っていませんが、10年ぶりに見た桜や4月なのに暖房を使わないといけない寒さを通して、広島に来たことを実感しています。
 今回、「私の長所」ということで、原稿を書くように依頼をお受けしたいので、少しだけ書かせていただきたいと思います。
 私の長所は、「真面目」な所だと自分では思っています。裏を返せば、頭が固いとか、面白みがないのかもしれませんが、与えられた役割を、責任を持って果たそうと努力することができる方だと思います。また記憶力が良いと人から言われるので、新しい環境での働きになりますが、早く仕事を覚えて、皆様と共に、子どもたちを神様に導いていく働きを少しでも担うことができるようになりたい思っています。どうぞよろしくお願いいたします。

マージョリィ・キラッテュ
さん
(英会話講師)
 始めまして。私の名前はマージョリィです。フィリピンのミンダナオ島の出身です。
 日本には、2017年に広島SDA英語学校に英語教師として、来日しました。日本に3年7ヶ月滞在して私はこの国と人々を愛するようになりました。私はアウトドアが好きで山登りやキャンプをよくしていたのですが、町に住んでいたこともあり、感染病の大流行が始まってからは、巣ごもり生活を余儀なくされました。今は神様が私をこの地に導いてくださったことを感謝しています。この素晴らしい自然、広々とした新鮮で平安な環境の中で、皆さんと共に住めることをとても嬉しく思います。皆様とお会いしてお友達になれることを楽しみにしています。

吉満和奏
さん
(中学校教諭・オリブ寮舎監)
 早くも1年で戻ってまいりました。またお世話になりますが、よろしくお願いいたします。
 私の長所ですが、最近「人の話を最後まで聞けること」は長所なのかもしれないと思い始めました。
 先日、車を車検に出したのですが、スタッフさんに教員をしていると伝えたらそこを急に褒められ、たった2回、短い時間しかやり取りをしていないのに「なかなかこうやってちゃんと話を聞いてくれるお客さんいないんですよ」と言われて驚きました。
 振り返れば、自分が舎監をしていたときもそう言われたことがありました。逆に話を切り上げるのは苦手なので努力しますが、今後も大事にできたらいい性格だなと思いました。また、こんな短い時間でもそんな印象を与えることができるということは、些細なことで悪い印象も与えかねませんから、日々の言動に気をつけて行動していきたいと思います。
 今後は、研修の成果を現場で活かせるように努めたいと思います。よろしくお願いいたします。

山岸諒平
さん
(食堂課・栄養士)
 千葉の三育学院大学から来ました山岸諒平です。どうぞよろしくお願いいたします。
 ここ広島三育学院は、私の母校であるので大変懐かしく感じています。
 今回、「私の長所」についてということで話したいと思います。私自身あまり自分の長所について考える機会がなかったのでなかなか探すことがむずかしいのですが、一つはあまり感情的にならないことかと思います。あまり感情表現が得意でないこともありますが、ほかの人に強く当たらないようにし、相手の意見をしっかりと聞けるように心がけています。
 至らぬところも多い私ですが、よろしくお願いいたします。