《新入生のあかし》
高校に進学して“私の決心”
人に幸せを与えられるような人になりたい
1A 伊藤佳晴
 僕は、この三育という恵まれた環境でいろいろなことを学び、成長していきたいと思っています。
 僕は広島三育中学校出身なので、ここの高校はいつも近くにある存在で、身近に感じていました。しかし、実際に高校生活が始まってみると、コロナの影響もあり、知っているつもりでいた高校生活とはかけはなれた現実があり、正直少し驚き戸惑いました。それでも系列校やほかの中学からきた仲間に恵まれ、39名という少し少ないけれど個性的で面白い友だちと生活できていることを先生方や家族、そして誰より神様に感謝したいと思います。
 僕が高校生活で楽しみにしていることは、さまざまな学校行事やイベントを通してたくさんの人とかかわることです。
 この三育の大自然の中、外の世界とは離れて生活しているためできないことや、不自由だと思うこともたくさんあります。しかし、他の学校では絶対に養うことのできない人間としての能力をこの三育では24時間を友だちと過ごすことによって養うことができると思っています。家での生活から一旦離れ、ここでしかできない人との交わりを楽しみたいと思っています。
 最後に、僕の好きな聖句をご紹介いたします。アモス書5章14節です。個人的には口語訳の方がわかりやすいと思うので、口語訳で書かせていただきます。
 「善を求めよ、悪を求めるな。そうすればあなたがたは生きることができる。またあなたがたが言うように、万軍の神、主はあなたがたと共におられる。」
 この神様の招きにこたえ、この三育で善を求めて人に幸せを与えられるような人になりたいと思っています。

聖書研究ガイドの学びのために
「聖書研究ガイド解説動画」
 新型コロナウイルスの第4波感染拡大を受け、ログチャペルでは本日から安息日集会を短縮することになりました。安息日学校は休校となり、礼拝のみ行うとのこと。そんな中、安息日聖書研究ガイドの学びを助けてくれるのが、教団の先生方による「聖書研究ガイド解説動画」です。解説動画は、アプリ版「教会生活」の聖書研究ガイドの最後のページのリンクをタップするか、adventist.jp のホームページで「Happy Sabbath!」のリンクをクリックすればご覧いただけます。15分程でとてもわかりやすい解説になっています。ぜひお試しください。