はこぶね225

Youth Conference

9月16日(金)~9月18日(日)にかけて、学院キャンパスを会場にセブンスデー・アドベンチスト教団主催「ユース・カンファレンス」が開催されました。「ユース・カンファレンス」とは青年リーダーの育成、訓練、また交流親睦を目的とした行事です。ゲストにはNSD(北アジア太平洋支部)青年部長キム・ナヒュン牧師、ゴスペルシンガーのジョン・ルーカスさん(仙台で震災に遭遇したルーカスさんは、証を交えたゴスペルコンサートを開催)、安息日礼拝メッセージは花田憲彦伝道局長を迎えて、全国から70名を超える青年の皆さんの参加。急激にキャンパス人口が増加する盛会となりました。

また、今回、学生伝道師として活躍している卒業生も来校し、プログラムを支援してくれました。卒業後も教会のために奉仕してくれている姿は、実に頼もしいかぎりです。

日曜日は、キム・ナヒュン牧師の聖書・教会セミナーで学び、各教会活動の紹介が行われました。地域教会では、日頃の活動は小規模で、心細くなる青年会ではありますが、全国にはこれほど主にあって、大勢の仲間、祈りあえる友がいると確認ができたことをみなさん喜んでおられました。

讃美と証、交流会では、高校生や教師の歌声や演奏に、参加した青年の皆さんが感銘を受けたと証ししていました。高校生たちががんばっているので自分たちもがんばろうと思ったとも言っておられました。

バプテスマ

9月24日に新名尚美さん(高1)のバプテスマが行われました【司式:川越勝牧師】

これから広島三育学院を卒業していく生徒が、卒業後も近隣の教会に出席してくれるよう、地域の青年会との連携を今後も図りたいと感じました。

この記事をご覧になっている皆さまも、全国の青年会で尽力している若い魂の上に、また生徒たちの今後のために、引き続きお祈りいただけるなら心強いかぎりです。(高校チャプレン・平田泰三)

10月1日には小島まゆみさん(中2)と吉満はるなさん(中2)のバプテスマが行われました【司式:青木泰樹牧師】